ギギショウカイって何?

「ギギショウカイ」という言葉を耳にしたことはありますか?漢字では「疑義照会」と 書きます。無題

薬剤師が処方箋の内容について医師に問い合わせることです。

 

処方箋を持って調剤薬局に行った時、薬剤師に「今お薬の事で医師に確認したいことが あるので少しお待ちいただけますか?」と言われた事はありませんか。

後から来た人は 次々とお薬をもらって帰るのに自分の名前はなかなか呼ばれない。「一体どうなっているの? 処方箋通り出してくれたらいいのに」と思われた事があるかもしれません。

この時薬剤師は医師に対して疑義照会を行っています。

医薬分業のメリットの一つは、医師と薬剤師がお薬についてダブルチエックをする事です。

薬の飲む量の疑問、その人に合ってない薬や飲み合わせのチエック、他院で出ている薬と重なっていないか(お薬手帳はとても大事です。)乳鉢

ジェネリック医薬品の普及で記載されている名前は違っても同成分の薬である場合もあります)、妊婦や授乳婦にも大丈夫か、アレルギー、副作用は?等々・・・・・です。

例えば、用量の間違いをうっかり見過ごして何か問題が生じれば、疑義照会をしなかった薬剤師も責任を問われます。

薬剤師法第24条

薬剤師は、処方箋中に疑わしい点があるときは、その処方箋を交付した医師、歯科医師または獣医師に問い合わせて、

その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない。 と規定されています。禁忌

 

医師に電話、FAX等で問い合わせをしますが、医師が診察中であれば、診察の合間に聞く事になります。

また、診察時間が終わって医師に連絡が取れない事もあり、患者様には長時間お待たせした挙句、その日に薬を渡せない場合もあります。

長時間待っている患者様や具合の悪い方には特に早く薬を渡したいのです。薬局の中で医師の返事を待っている薬剤師も患者様と同じ気持ちです。電話

しかし、疑義照会を行うことで万が一の事故を防いで患者様を守るために、日夜頑張っております。