災害時の備えを見直してみましょう

 

皆さんの家庭では防災用品を用意していますか? わが身を守るのは自分自身。食糧

だからこそ普段の備えが必要です。必要な非常時の備蓄を紹介します。

★オリジナルの防災セットを用意しよう★

防災への備えとして、まず用意したいのが非常用持ち出し袋。

一次避難用品(非常用持ち出し品)

□飲料水(ペットボトル500ml×数本)リュック

□非常食3日分(調理不要な物)

□衣類(下着、防寒着)  □携帯電話 充電器

□現金(小銭含む)  □ろうそく、マッチ、ライター 懐中電灯

□筆記用具  □雨具 ロープ ビニールシート

□軍手  ナイフやハサミ  □タオル(大小)  □ウエットテイッシュ 洗面道具

□ポリ袋(大小 不透明な物)  □貴重品(通帳、印鑑)

□医薬品1週間分 マスク   □お薬手帳      □携帯ラジオ  などカプセル

★背負って走れる重さにする(4,5kgが目安)

 

二次避難用品(非常用備蓄・あると便利なもの)

□飲料水(1日3リットルが目安)  □非常食(賞味期限の長い物)ペットボトル

□衣類(下着、防寒具、重ね着できる物)  □医薬品 マスク

□懐中電灯など停電対策の物  □折りたたみのポリタンク(給水時に)  □非常用浄水器  □旅行用キャリーカートや台車

□かご付き(荷台付き)自転車  □アウトドア用品(あれば)   簡易コンロ、ガスボンベ   寝袋、軍手   ランプ、ヘッドランプ

□日用品   トイレットペーパー   ラップ(体に巻いて保温、食器に敷く等)等  □貴重品(通帳、印鑑)     □お薬手帳

 

*生活必需品は人それぞれ。

例えば、持病の薬、コンタクトレンズなど自分の生活に必要な物を加えて防災セットを作りましょう。小児や高齢者のいる家庭は別途、その家庭に必要な物を用意。

 

お薬手帳と災害

地震や津波などの大きな災害の時、医療機関や薬局も大きな被害を受けることがあります。カルテや薬歴が失われた中、「お薬手帳」が役に立ちます。手帳

お薬手帳には今まで服用してきた薬の記録が記載されています。

かかりつけの病院や診療所に行けなくなった方が、今までのデータも紹介状もなく、別の病院を受診した際、医師は今までの薬の治療経過がわかり対応がしやすくなることもあるでしょう。

災害時には薬が不足することもありますが、同じ薬でなくても入手できる代替薬を処方してもらうこともできます。

 

お薬手帳を活用しましょう お薬手帳は面倒と思われるかもしれませんが、是非医療機関に行かれるときはお持ちいただき、きちんと記録を続けていただくことをお勧めします。

万一の時はできるだけ、保険証とお薬手帳を一緒に持って避難されると良いと思います。