血液サラサラ

血液をサラサラにする食生活

血液は食事次第で、ドロドロにもサラサラにも変化します。身近な食材で、成分バランスのよい健康な血液としなやかな血管を手に入れ、生活習慣病を予防しましょう。

期待される効果、作用  多く含まれる食品
DHA・EPA

肉に多く含まれる飽和脂肪酸とは異なり、血液が固まり血栓ができるのを抑える作用をもつ不飽和脂肪酸です。

さんま・まぐろ・いわしなど青魚、脂ののった魚

有機酸

昔から、「疲れたときには酸っぱいものがよい」と言われるように、疲労回復を高める作用は良く知られています。
酸には血流をスムーズにし血小板の凝集を抑える作用があります。

梅干・ピクルス・酢・柑橘類など酸っぱい食品

食物繊維

昆布やわかめなどの海藻類に含まれるアルギン酸は、水溶性の食物繊維で、腸の内部でコレステロールを包み込み血液中への吸収を防ぎます。また、アルギン酸には血液中のコレステロールそのものを減らす働きもあります。

野菜・果物・海藻・豆・芋・穀類など

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバにはナットウキナーゼという酵素が含まれています。大豆から納豆を作る発酵の過程で生まれる成分で、血管を詰まらせる原因となる血栓を溶かす作用があるといわれています。

納豆
ポリフェノール

血液中のコレステロールの酸化を防ぎ、血管への沈着を抑え、血管自体の老化も遅らせます。
ただし、ワインは飲みすぎに注意。1日にワイングラス2~3杯までが目安です。

赤ワイン・緑茶・チョコレート
硫黄化合物

玉ねぎやニンニクの臭いや辛味の成分で、血小板の凝集を抑え、血栓を防ぐ作用があると言われています。水溶性のため水にさらすと流出してしまいます。さらに、加熱して刺激臭が弱まると効果も弱まります。

玉ねぎ、ニンニクなど

ストレス解消の工夫を

仕事や人間関係など、自分では気付かないところでストレスは溜まっているものです。そのストレスも血液をドロドロにする原因のひとつです。ストレスは、血管を収縮させたり、血液を固まりやすくします。リラックスできる方法を自分なりに工夫してみましょう。
気持ちよくリラックスしストレスを減らす方法を自分なりに工夫しましょう。

水分補給で血液濃度を薄める

汗や呼吸などで常に体内の水分は奪われているので、意識的に水分補給することが大切です。
のどが乾いた時は、既に血液がドロドロ状態になっている可能性があります。就寝前と起床時にはコップ1杯の水を飲むと良いでしょう。

ぬるま湯でのんびり入浴

お湯の温度は38~40℃に設定し、浴槽に胸のあたりまで半身浴をすると、末梢血管が拡張して全身の血液循環がよくなります。