梅雨時の健康管理

 

梅雨の時期になると、体がだるい、疲れやすい、なんとなく気分が憂鬱になる……
そう感じたことはありませんか?テルテル坊主

これには実は理由があるのです。
4月頃から少しずつ気温が上昇し、体が暑さに慣れ始めた6月頃に梅雨が始まります。晴れの日は暑かったり、雨の日は肌寒く感じたりと、気温や湿度は大きく変化します。そのため、自律神経の働きが乱れやすくなり体調を崩してしまうのです。
天気予報に合わせて気温差にも注意!
この時期、出かける前には天気予報を見ると思いますが、雨が降るか降らないかだけでなく、

最高気温と最低気温もチェックしましょう。

温度差が大きいと疲れが出たり、風邪をひきやすくなったりするので、こまめな体温調節が必要です。カタツムリ

気温が下がりそうなら、ストールやカーディガンなど衣類で調節しましょう。

また、湿度が高いと汗を蒸発しにくく熱が体にこもった状態になります。

こまめに汗を拭きエアコンのドライ機能も上手に利用しましょう。
生活のリズムを整える!
日光にあたる時間が少ないと眠りが浅くなってしまい、疲れがしっかり取れません。

晴れや曇りの日は外出するように心がけましょう。太陽の光にあたることで気分もすっきりし、

体内時計が整い睡眠の質が良くなります。
ウォーキングなど体を動かすことでストレス解消にもなります。

雨の日は室内でもできるラジオ体操やストレッチもオススメです。かえる
夜は38~40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかるのも効果的です。
カビ・ダニによるアレルギー対策も忘れずに!
こまめな掃除と除湿、晴れた日には窓を開けて換気を行いましょう。

お気に入りの傘やレインコート、レインシューズで雨の日を楽しむのもいいのでは
ないでしょうか?
体調を整えて元気に夏を迎えましょう!