紫陽花(アジサイ)

梅雨の季節に色とりどりに咲き楽しませてくれるアジサイについて調べてみました。

分類  :アジサイ科

開花時期:6月上旬~7月上旬

原産地 :日本

花色  :青、紫、白、ピンク、赤紫陽花

アジサイの花は、一般に花と言われている部分は装飾花で、花びらに見えるものはガク片(萼片)なのです。

装飾花は萼片が大きく発達する代わりにそれ以外の雄しべや雌しべが不完全になっています。 ガクアジサイでは中央に両性花、その周囲に装飾花が見られます。

*花弁が大きく発達した花の外側を装飾花、内側を両性花という

アジサイの花房の形状には、手鞠咲き(すべて装飾花)、萼咲き(装飾花が周辺のみにあるもの)、穂咲き(稲穂の形のように咲く)などがあります。

アジサイは、日本のいくつかの市町村の花に制定されています。神戸市の花もアジサイです。

 

アジサイは、土壌のPH(酸度)によって花の色が変わり、酸性なら青色、アルカリ性な赤色になるといわれています。

これは土壌中のアルミニウムが根から吸収されやすいイオンになるかどうかが影響しています。

土壌が酸性だと、アルミニウムがイオンとなり土中に溶け出します。そして、アジサイに吸収されて花のアントシアニンと結合し青色になります。

土壌が中性やアルカリ性だとアルミニウムは溶け出さず、アジサイにも吸収されないので花は赤色になります。

アジサイは、日本の幾つかの市町村の花に制定されています。神戸市の花もアジサイです。

花を青色にしたい時は、ピートモス、カリ分の多い肥料を与え、赤色にしたい時は、苦土石灰を与えます。

日本は比較的降雨量が多い国で、アジサイの咲く時期が梅雨と重なっているため、酸性土壌になりやすいそうです。

そのため日本で咲いているアジサイは最初白から水色で、段々青くなっていきます。ところが、土壌がアルカリ性の多い国ではピンクから赤系統になることが多く、

フランスでのアジサイのイメージは「赤」だそうです。

ところで、白いアジサイの品種もあります。色素のアントシアニンを持たないため花の色は変わりません。 花の色は日照や開花後の日数、水質や養分などによっても変化すると考えられます。

アジサイの花言葉ajisai

移り気:色が段々変わっていくので

辛抱強く耐える愛情:開花時期が長く梅雨の間  ずっと咲いているから

一家団欒:小さな花がたくさん集まっているから

元気な女性:フランスの花言葉

寛容:ピンクのアジサイの花言葉   など

近くのアジサイの名所2紫陽花

神戸市立森林植物園  相野あじさい園:三田市  神戸市立離宮公園  住吉神社:明石市魚住町   アジサイ祭りが6月にあります  六甲高山植物園       など

甘茶(アマチャ)

生薬として、アジサイ属 ユキノシタ科の植物のアマチャがあります。

アマチャの薬効としては、砂糖のかわりに甘味料として使ったり、抗アレルギー作用、歯周病などに用いたりします。