「雑穀」って知ってますか?

「雑穀」とは日本人が主食以外に活用している穀物の総称です。

ヒエ、アワ、大麦、キビなどの他、ソバや古代米もあります。古代から日本で栽培されているものも多いのです。%e7%b1%b3%ef%bc%91

これらの雑穀を白米と混ぜて炊くご飯が「雑穀米」です。

玄米とは違う?

玄米は籾米(モミゴメ)から籾殻(モミガラ)だけを取り除いたものです。

玄米から糠(ヌカ)と胚芽を取り除いたものが白米です。

雑穀にはどんな効果があるの?%e7%b1%b32

米と同じ炭水化物ですが、ビタミンやミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄など)食物繊維が豊富です。

白米に比べてプチプチした食感があり、噛み応えがあります。従って、噛む回数が増え、食べ過ぎ防止、脳の活性化効果があります。唾液分泌も高まり免疫力アップにも効果がありそうです。

どんな種類があるの?

キビ      もち種とうるち種に分かれる    亜鉛、ビタミンBが豊富  甘みとコクがあり、モチモチの食感、鮮やかな黄色

ヒエ      エネルギー代謝に重要なパントテン酸が多い 他にビタミンB、Eも豊富 血液中の善玉コレステロールの値を高める効果

アワ      稲が伝来する前の主食だったとされる 善玉コレステロールの値を高める効果

アマランサス  カルシウム、鉄などのミネラル、食物繊維が豊富 栄養バランスが他の雑穀に比べて高い 種皮が柔らかいので全粒で食べることができる

はと麦     古くから漢方として用いられる 皮膚の保湿作用、解毒作用、美肌にもよいとされる

大麦      穂の形により「六条大麦」「二条大麦」に分かれる 一般に食用にしているのは六条大麦。食物繊維、特に水溶性繊維がとても多い

キヌア     アメリカのNASAが「21世紀の主要食になる」と発表した カルシウム、鉄などのミネラル、食物繊維を多く含む

古代米黒米   薬膳料理にも使われるので「薬米」とも言われる 黒米の色素アントシアニンは血流を良くする作用や抗酸化作用があるとされる3%e7%b1%b3

古代米赤米   赤米の色素タンニンは抗酸化作用、生活習慣病を予防する作用があるとされる

モロコシ(高キビ)  ポリフェノール、カリウム、ビタミンBが多い 赤味を帯び弾力、噛み応えがあり コクのある味わいがある 「ミートミレット」と呼ばれひき肉の代用食に

  ソバ    タンパク質、ビタミンB、ミネラルの他、ポリフェノールの一種ルチンを含む 市販の米に混ぜて炊く「○○米」は、色々な雑穀をバランスよく組み合わせて作ってあります。

 

※※上記以外に小豆、大豆、玄米など加えてあるものもあります。 毎日、雑穀米だと飽きてしまうかもしれません。摂り過ぎてしまうとカロリーオーバーに なってしまいます。

毎日の食卓にバランスよく上手に取り入れてみませんか?