お風呂の効果

お風呂にはいろいろな効果があります。

寒い季節、温かいお風呂で元気に過ごしましょう!

入浴による3つの効果oke

温熱作用 体温より温度の高いお湯に浸かることで、体が温まり血流がよくなり、疲労回復やコリを改善する効果が期待できます。

また、心肺機能の向上と発汗により、自律神経を調整する作用も期待できます。

水圧作用 お湯に浸かることで体に水圧がかかり、血流を押し出す役割を果たします。これにより、心肺機能の向上、新陳代謝を上げる作用が期待できます。

ただし、心臓や肺へ負担がかかるため注意が必要です。

浮力作用 お湯につかると身体には浮力が働き、体重は陸上の約10分の1になります。湯船に浸かった際に全身の力が抜けるような感覚になるのはこのためで、furo

身体の筋肉を弛緩させるだけでなく、足腰への負担も軽減されるので、心身ともにリラックスできます。

全身浴と半身浴

全身浴 温熱、水圧、浮力の3つの効果を活かすことができます。首までしっかりお湯につかることにより、入浴の気持ちよさも実感できます。

ただし、血液循環が急激によくなると心臓に負担がかかってしまうので、高齢の方や高血圧の方などは注意が必要です。

半身浴 ぬるめの湯にみぞおちまでつかる入浴法です。

心臓への負担が少ないため、全身浴に比べ長い時間の入浴に向いています。下半身に水圧がかかることで、足に滞っている血液を効率よく心臓に戻すことができ、

足のむくみや疲れの解消に効果的です。高齢の方や心臓の持病がある方にもおすすめです。

目的に合ったお風呂の入り方

冷え症

気温の低い時期は40度位のぬるめのお湯で15~20分全身浴をして血行促進しましょう。長時間つかるのが苦手な人は、5分全身浴した後に体を起こすかお湯を減らして半身浴をしましょう。肩こり

肩こり

体をしっかり温め血行を良くするために、40度位のお湯に15~20分入浴します。この時、しっかり肩までお湯につかります。次に肩をストレッチします。『肩を引き上げる⇔一気に力を抜く』この動作をゆっくり繰り返します。肩を回す動きなどを入れてもよいでしょう。

リラックス

ぬるめの湯につかると、体を緊張からときほぐしてリラックスさせる副交感神経が優位になります。冬なら40度位のややぬるめの湯に20~30分じっくりつかりましょう。

ダイエット

入浴すると血液が全身を巡るため、食欲が抑えられます。 食事の前に、少し熱めのお湯に約5分、肩まで全身浴します。その後は、休憩を入れながら5分入浴を2、3回繰り返します。予想以上に汗をかいていますから、水分補給はしっかりしましょう。 運動の後の疲労回復 運動直後は身体の負担になるので避けましょう。身体や呼吸がある程度落ち着いてきたら身体が冷える前に入浴します。血流を増やすためにぬるめのお湯にじっくり入りましょう。身体が温まっているので半身浴でもよいです。

お風呂 豆知識 mizu

温度差に注意!! 脱衣所や浴室、浴槽に入った時の温度差で血圧の変動が大きくなります。特に冬は浴室や脱衣所が冷えているので前もって暖めておき、かけ湯で身体を慣らしながら入りましょう。

お酒も注意!!  お酒を飲んだ後は入浴を控えましょう。 食直後の入浴  胃腸の働きが鈍くなり消化が悪くなります。30分位は控えましょう。

入浴後は水分補給と保湿、忘れずに!! スポーツドリンクやコップ1杯の水、体を冷やさないようにハーブ茶などもおすすめです。保湿

入浴後は肌表面の「皮脂膜」が取れた状態になるのでローションやクリームなどで保湿します。