アミノ酸とは?

サプリメントや化粧水、シャンプーなどでも「アミノ酸」と書かれているのを目にしますが、「アミノ酸」とは一体何なのでしょうか?

アミノ酸は、アミノ基(-NH2)とカルボキシル基(-COOH)を持つ物質で、生体を構成している大切な栄養素です。私たちの体の約20%がタンパク質と言われています。アミノ酸

タンパク質は筋肉、皮膚、内臓、爪、骨、血管など体を構成するすべてに存在しています。

体の中には、約10万種類のタンパク質があると言われていますが、これらのタンパク質は20種類のアミノ酸のつながりによってできています。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸 アミノ酸は体を作っているだけでなく、体を動かす様々な生命活動に関わっています。

アミノ酸は、体の中で作ることのできない必須アミノ酸と、体の中で作られる非必須アミノ酸とに大きく分かれます。アミノ酸2

 

必須アミノ酸は、毎日の食事から取ることが必要になります。必須アミノ酸は9種類あり、どれか1つでも不足していると体の働きに影響が出てしまうため、偏った食事をせずバランスよく摂取する必要があります。

体内で合成できる非必須アミノ酸は必ずしも食品から摂取しないといけないものではありませんが私たちの体で重要な役割をしています。必須アミノ酸とともに食事からバランスよく摂りましょう。

必須アミノ酸と 働き

バリン★     成長促進 筋肉強化 肝機能の改善など

ロイシン★    肝機能向上 筋肉強化 タンパク質合成促進など

イソロイシン★  成長促進 筋肉強化 神経機能、肝機能向上 メチオニン 抗うつ ヒスタミンの血中濃度低下こども

フェルニアラニン 鎮痛作用 抗うつ効果 ドーパミンやノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質の素になる

トリプトファン  精神安定 鎮痛 催眠効果 脳内神経伝達物質のセロトニンの素になる ヒスチジン 成長期に必須(大人は合成できる)

神経細胞のサポート 赤血球や白血球の形成に重要 貧血やアレルギー疾患改善する

スレオニン    成長促進 新陳代謝促進 脂肪肝を抑える

リジン      体の組織修復 ブドウ糖の代謝促進 カルシウムの吸収を助ける  など肉

アミノ酸は主に肉類、魚介類、卵、豆類、大豆製品、乳製品に多く含まれているほか、米や小麦などの炭水化物にも含まれています。

★ BCAA 分岐鎖アミノ酸 ロイシン、イソロイシン、バリンはBCAAと呼ばれ筋肉疲労をとり筋肉損傷を回復、成長促進作用があります。

 

シャンプーやリンスで「アミノ酸配合」と書かれているものがありますね。髪の水分を保つ役割をしているキューティクルはアミノ酸からできています。

また、肌の乾燥が気になる季節ですが、天然保湿成分コラーゲンも様々なアミノ酸からできています。アミノ酸は、

髪や肌を美しくするだけでなくメタボ対策や持久力向上、慢性疲労軽減など色々な効果が期待できます。