乳酸菌って何?

善玉菌の代表!「乳酸菌」

人の腸内には、約100~200種類、約100兆個の細菌が住みついています。

この腸内細菌は、体にとって有用な働きをする「善玉菌」と有害をもたらす「悪玉菌」の大きく2つに分けられ、これらの菌がバランスよく存在している時は、健康が保たれます。

しかし、食習慣などが乱れると悪玉菌の勢力が強くなり、善玉菌が減ってしまい、様々な病気になってしまいます。

善玉菌が優勢であるようなバランスを保っているのが健康な腸の状態といえるのです。この善玉菌の代表が乳酸菌なのです。

乳酸菌、どんな効果がある?

  • 腸のぜん動運動を促し、腸内環境を整え便秘や下痢を予防します。
  • 免疫機能を活発化し、風邪などの感染症を予防し、回復を早めます。
  • 腸内環境がよくなり免疫細胞のバランスをとることで鼻炎や花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を改善します。皮膚の代謝がよくなり、肌荒れや吹き出物を改善します。
  • 腸管内でコレステロールを吸着、排出しコレステロール値の上昇を防ぎます。
  • 発ガン性物質の産生を抑制したり、分解、除去するので、癌の予防に有効です。

乳酸菌は胃酸で死ぬ?

残念ながら、乳酸菌は胃酸の殺菌作用によって、99.9%が死んでしまいます。

最近では酸に強い乳酸菌も開発されていますが、それでも生きて腸に届くのはごく一部です。

しかし、乳酸菌の死骸は腸に住む善玉菌の餌になり、善玉菌を増やします。

また、悪玉菌の死骸を吸着し、善玉菌が住みやすく増えやすい環境にします。

だから、乳酸菌を毎日摂ることは、健康効果があると言えるでしょう。

どのくらい摂取すればいいの?

乳酸菌類は、ヨーグルトにして1日200~300g、出来れば500g摂るのが望ましいとされています。

種類にもよりますが、菌数にして100億~200億個です。

乳酸菌は食べるのを止めてしまうと徐々に元の悪環境に戻ってしまうので、毎日100gでも継続して食べる習慣をつける方がよいでしょう。

ただし、ドリンク剤やヨーグルト製品の中には多量の糖質を加えたものもあります。糖分の摂りすぎに注意しましょう。