アボガド

アボカドって何?

クスノキ科の常緑高木で、原産地は中央アメリカからメキシコ。卵型で黒紫色をした果実です。
アボカドは『森のバター』とも呼ばれ、世界一栄養価の高い果物です。

近年の健康食ブームにより、アボガドが店先に並んでいるのをよく目にします。果実には脂質が約2割も含まれていますが、しつこい脂っぽさはなく味は淡白なため、料理にも使いやすい果物です。

脂質の大半は不飽和脂肪酸であるため、血中コレステロールを増加させる心配がありません。ビタミンE、リノール酸、オレイン酸などを多く含むので健康食品として人気が高まっています。

ちなみに、世界で一番栄養価のある果物としてギネスブックに載っています!

アボカドの歴史

アボカドは数千年の歴史があるといわれますが、栽培の記録があるのは13世紀頃で、当時のインカ王の墓からアボカドの種が出土しています。

その後、16世紀頃にアメリカに伝来し、ヨーロッパやオーストラリアなどに伝わったといわれます。日本に入ってきたのは100年ほど前のことです。

からだにうれしいアボカド・・・・・・・体に嬉しい栄養成分がたっぷり!

老化防止に

アボカドに含まれるビタミンEは、抗酸化作用がある。

デトックスに

知らないうちに体に溜まる毒素を排出するセレニウムという成分が含まれている。

シミ・シワ対策に

コエンザイムQ10が含まれている。

足のむくみに

利尿作用のあるカリウムを含む。塩分の摂りすぎで増えたナトリウムを排出する。

妊婦に

妊娠している方に必要な葉酸を多く含む。

食べすぎ
のみすぎに

グルタチオンという抗酸化物質を含み、肝機能にも良い。
アルコールやニコチンなどの解毒作用を促す。

簡単レシピ マグロトアボカドのタルタル

材 料

マグロ・ツナ缶・アボカド・アサツキ・ウズラ卵・肉のたれ・マヨネーズ・コチュジャン

作り方

  1. マグロは細かく叩いて焼肉のタレを加えて味をなじませる。
  2. ツナは油分を切り、アサツキを加えてマヨネーズで和える。
  3. アボカドはサイノメに切り、少し叩く。
  4. 丸い型を皿の上に置き、②、③、①を重ね丸く成形する。
  5. ウズラの卵黄を上におき、アサツキを散らす。

マヨネーズとコチュジャンでどうぞ!