薬の保存方法

ドラッグストアで買った薬、病院で処方してもらった薬など、皆さんは家でどのように保管していますか?薬は保管方法が良くないと本来の効果が得られなくなったりすることがあります。
また、冷蔵庫に入れておけば長持ちすると考える人がいるかもしれませんが、冷蔵庫の出し入れの際に、急激な温度差で結露しやすくなり湿気を帯びることもあります。では、どのように保管すればよいのでしょうか?
高温・多湿・直射日光を避ける
薬は日光や温度、湿度によって品質や効果に悪影響が出る場合があります。保管方法に特に
指示がない場合は、高温多湿を避け、日光の当たらない室内の涼しい暗所(室温1~30℃)で
保管しましょう。暖房器具の近く、自動車の中に置きっぱなしは避けましょう。
「冷所保存」の指示があるものは冷蔵庫に保管する
未開封のインスリン、一部の水剤、目薬、坐剤などです。ただし凍らせないこと。冷凍してしまうと解凍しても品質が変わってしまい危険です。冷蔵庫内でも冷風が直接当たる場所は避けます
湿気に注意!
粉薬や錠剤でも湿気によって固まったり変質することがあります。チャック付きビニール袋や缶などに乾燥剤とともに保管しましょう。特に病院でもらった粉薬の保管は注意して下さい。
子供の手の届かないところに保管する
子供が大人の真似をして誤って薬を飲んでしまっては大変です。子供が簡単に触れる場所には置かないことです。要らない薬を捨てる時やこれから飲む薬を出して置いた時も注意が必要です。

定期的に薬を整理しましょう
期限の切れているもの、明らかに見た目に変化があるものは処分します。記載された使用期限は、未開封での期限です。開封した場合は該当しません。
処方薬や市販薬の説明書、薬の袋、外箱は捨てずに薬と一緒に保管しておく
飲み方や使用上の注意がいつでも確認できるように保管しておきます。また、薬の箱を
入れ替えたり他の容器に移し替えたりすると内容や使い方がわからなくなり品質の変化
や間違えて飲む原因になるのでやめましょう。
最後に

処方してもらった薬はその人のその時の症状に合わせた薬です。症状が同じだからと他の人にあげないようにして下さい。必ず指示通りに保管し、正しい使い方をしましょう。