腸内フローラってなんだろう?

私たちの腸内にはたくさんの細菌が住み着いていて、その数はなんと100兆以上。その多種多様な腸内細菌が種類ごとに腸内にグループを作って生息しているのを花畑に例えられて「腸内フローラ」と呼ばれています。
腸内フローラの細菌達が、便通をよくし、お腹の調子を整えることは古くから知られています。最近の研究で、今までの一般常識をはるかに超えたレベルで全身の健康と美容、日々の暮らしに深くかかわっていることがわかってきました。
肥満と腸内フローラ
肥満の人と痩せている人で腸内フローラが違うのは以前から数多く報告されていました。
その違いが肥満の原因になっているのか肥満の結果なのかはわかっていませんでした。しかし、最近の研究で肥満の原因になることが科学的に証明されたそうです。

腸内細菌が作る「短鎖脂肪酸」が肥満をコントロールしていることがわかってきました。
短鎖脂肪酸は、肥満細胞が内部に脂肪の粒を蓄えて肥大化するのにブレーキをかけてくれたり、全身の代謝を活性化してくれます。

では、短鎖脂肪酸を作れる腸内細菌を増やすにはどうしたらよいのでしょうか?
短鎖脂肪酸を作る細菌達は食物繊維をエサとして生きています。食物繊維といえば野菜に多く含まれていますね。やはり野菜をたくさん摂れる食生活が大切ということです。
糖尿病と腸内フローラ
左の欄にもでてきた短鎖脂肪酸には腸の細胞を刺激して「インクレチン」というホルモンを分泌させる力があります。このインクレチンは膵臓に働きかけてインスリンを分泌させて血糖値をさげてくれます。
短鎖脂肪酸を作れる細菌を増やすことで糖尿病の予防にも役立つのではないでしょうか。
お肌の健康と腸内フローラ
日本人の2人に1人が大豆イソフラボンから「エクオール」という物質を作れる腸内細菌をもっているそうです。エクオールはお肌を健康に保ったり、更年期症状を防いだり、骨密度の低下を防ぐ働きがあります。食生活に大豆を積極的に取り入れるとよいですね。
「このエクオールを作れる腸内細菌がいない人は菌を腸に住みつかせることはできないか?」と思いますが、しかしそれはまだ研究中のようです。
ガンと腸内フローラ
腸内細菌にはガンを引き起こす菌と防ぐ菌と両方いるようです。
肥満すると増えてくると言われる「アリアケ菌」はガンを誘発します。肥満にならない食生活を心がけることでガン予防にもなるのです。
腸内細菌が作るエクオールは前立腺ガンを予防する効果があります。エクオールを作る腸内細菌を持つ割合の少ない欧米人は前立腺ガンが多いのです。
他にも動脈硬化や花粉症・アトピーなどのアレルギー、うつ病にまで腸内細菌が関わっているそうです。そしてこれからの研究でもっとたくさんの関りがわかってくることでしょう。
腸内フローラの状態を健康な状態に保つためには食物繊維をしっかり摂る、発酵食品を積極的にとる、暴飲暴食を避けて腹八分目、適度に運動、快眠。
腸の調子を整えて心も体も元気でいられるといいですね。
参考:主婦と生活社 「腸内フローラの真実」