ブルーベリー

ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される、北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称です。

生で食べる他、ジャムなどの加工食品として食べられています。アントシアニン、ビタミンA 、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維、βカロテン、亜鉛などの栄養素が多く含まれています。

アントシアニン

アントシアニンの効能の中でも、特に注目されているのが、健康食品でもよく知られている、目の健康を維持する効果です。アントシアニンには眼球内の毛細血管を強くして、血流を改善し、目のすみずみまで酸素や栄養成分を送り、目のピントを調節する毛様体の働きを良くし、疲れ目の回復などに効果があるといわれています。

また、アントシアニンには眼球内の光を感じて脳に伝えるという網膜内のロドプシンという物質の再合成を促進し、眼精疲労の予防などの効能が期待されています。
しかし、アントシアニンによる視力改善効果は認められていません。

アントシアニンはポリフェノール類に含まれます。ポリフェノール類には強い抗酸化作用や、活性酸素を抑制する効果があり、ダメージを受けやすい細胞膜を守る働きがあるといわれています。

また、アントシアニンには、免疫力を向上させる効果もあるとされており、動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善などの効果も期待されています。

アントシアニンを食用として栽培された生のブルーベリーで摂取する場合は、60g~300gが必要といわれ、量に例えると両手いっぱいになるほどのブルーベリーになります。また、乾燥ブルーベリーだと、約12g~25g、ブルーベリージャムでは約40g~90gといわれています。

ブルーベリーの栽培

ブルーベリーの栽培は比較的簡単です。
「酸性の用土で育てる」「定期的に水遣りをして用土を乾燥させない」「最低1日4時間程度以上の日照がある場所で育てる」の3つを守れば枯らすことなく育てることができます。

他の特徴としては、他の樹木と比べて病害虫がつきにくい、他の樹木より実がなるのが早く、2~3年位で収穫ができる、挿し木により比較的簡単に増やすことができ、寒い地方から暖かい地方まで栽培が可能である・・・・・などがあります。

オススメの品種は、味、粒の大きさともに優れているハイブッシュ系のパトリオット、エリザベス、サザンハイブッシュ系のデライトなどです。