糖化ってなんだろう


「糖化」という言葉が注目されています。活性酸素による「酸化」が「体のサビ」、「糖化」は「体のコゲ」と呼ばれています。酸化も糖化も老化や健康に影響すると考えられていますが、今回は「糖化」についての話です。
「糖化」とは?
糖化とは体内のタンパク質や脂質が糖と結びつくことです。余分な糖分が血液中にあると体内のタンパク質や脂質と結びついて変化し、老化促進物質であるAGE(終末糖化産物)を作ります。このAGEが体内にどんどん蓄積されていくことで体に様々な影響を与えることになるのです。

糖化の体への影響
肌や髪の老化現象
・タンパク質であるコラーゲンが糖化すると肌の弾力が低下したるみやシワの原因になります
・肌の表皮細胞の糖化シミ、クスミの原因になります
・髪のタンパク質が糖化すると髪のハリやツヤがなくなります
血管・腎臓・骨・眼
・糖化は、血管や内臓にも影響を与えます。血管の組織が糖化すると動脈硬化のリスクが高ま
ります。動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの心配も出てきます。
・腎臓は血液内の老廃物をろ過し、余分な水分とともに尿を作り排出します。これが糖化によ
り腎機能が低下すると血液中のタンパク質が尿に漏れ出してしまいます。
・糖化は骨にも影響します。AGEにより骨の質が低下し骨粗鬆症の心配も出てきます。
・糖化は、白内障、網膜症など眼の病気にも影響すると言われています。
・糖尿病患者は腎臓や眼の細い血管がAGEによりもろくなり、合併症になる危険性が高くなり
ます。
認知症
アルツハイマー病とも関係していると言われています。健常な高齢者の脳よりアルツハイマ
ー病患者の脳には多くのAGEが蓄積されていたそうです。

 
糖化を防ぐために心掛けたいこと  いくつか挙げてみました
糖分は人間が生きていくのに重要な栄養素で、摂取は必要です。糖分を摂る時に、急激に血糖値を上げない食品を選ぶこと、食べる順番、調理方法に気をつけてみましょう。

*GI(グリセミック インデックス)値の低い食品は血糖値が上がりにくく、高い食品は血糖値が上がりやすい。GI値の低い食品をできるだけ選ぶことが糖化の抑制につながります。
GI:食後血糖値の上昇度を示す指標 食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す
*食品の調理法で加熱する温度が高いほどAGEが増えるようです。生より焼いたり揚げたりすると増えるということです。
*食事の時の食べる順番にも気をつけましょう。主食のご飯やパンを食べる前に、まず、食物繊維の豊富な野菜やキノコ類、次にタンパク質を含む肉、魚類を食べるのが基本です。
食べる順番で血糖値の上昇が緩やかになります。ゆっくりよく噛んで食べることも大切です。
*血糖値が一番上がるのが食後1時間。この時間に運動すると糖化予防に効果的です。ウオーキングは、糖化リスクを減らすだけでなく、他の様々な生活習慣病に対しても有効です。

運動する時間のない人は、食後1時間以内に掃除などの家事をするなど日常の動作をやってみると良いでしょう。ただし、運動直後に糖分を多く含む飲み物を摂ると急激に血糖値が上昇します。

糖分の少ない物を選びましょう。
*喫煙がAGEを増やすこともわかっています。自分で吸うだけでなく、隣の人のタバコの副流煙もAGEを増やすと言われています。