便の話


誰もがすぐにフタをして流したい物といえば、「便」。この「便」は自分の体から出てきてあなたの健康状態を教えてくれる大事なものです。すぐに流してしまうのはもったいない。自分の便、毎日観察してみましょう。
健康な人の便は80%が水分、残り20%のうち、3分の1が食べかす、3分の1が生きた腸内細菌、3分の1がはがれた腸粘膜です。
どんな形?
*コロコロの丸い硬い便
便秘の人に多い便です。硬いので排便時に苦しい思いをするためトイレに行きそびれ、余計に便秘になります。また、排便時に強くいきむので、肛門が傷つくこともあります。
便が硬くなるのは、食べ物が腸内に長い間留まっているため、水分が大腸に余計に吸収されるからです。食物繊維や水分を意識して摂りましょう。キノコ、海草、こんにゃくなどが有効です。腸内環境を整えるため、発酵食品、乳酸菌も効果があります。

*バナナのような便、普通の便
理想的な便。バナナのような便が肛門からスルリと気持ちよく出て、肛門を拭かなくても良いくらいです。臭いはきつくなく少し水に浮きます。健康状態がよく、食べた物の消化吸収、排泄が順調である便と考えられます。
*軟らかい便
ペーストのような軟便
排便時の抵抗感がなくサッと出ます。流す時便器の中に便が広がります。脂肪分を多く含む物の食べ過ぎに注意します。
泥水のような水様便
水分の多いシャーっと出る下痢です。冷え、食べ過ぎ飲み過ぎなどでなります。下痢が続いたり、便秘と下痢が繰り返し起こる場合は
何か病気が原因かもしれません。医師に相談しましょう。
ヒョロヒョロした便
軟らかく数回に分けて出ることもあります。続く場合便の通り道が細くなっている可能性があります。医師に相談しましょう。

下痢便に血液や粘液が混ざっていたり、大量の軟便で脂ぎっているような便、海外から帰国後の水のような便は急いで病院へ行きましょう。

どんな色?
便の色もチェックしてみましょう。
*黄褐色~茶色
便の色は大腸通過時間で決まってきます。短いほど明るい黄色で、長くなるとこげ茶色に近づいていきます。黄色から茶色は健康な便の色と考えて良いでしょう。

*白色~灰色
健康診断でバリウムを飲んだ後、灰白色の便が出ますね。そんな色の便が出たらウイルス性腸炎や海外からの帰国後ならコレラの疑いがあります。すぐに受診しましょう。胆汁の分泌が悪いときも灰白色の便が出ます。膵臓や肝臓の病気の可能性も考えられます。

*黒色(タール便)
食道や胃、十二指腸など上部の消化管からの出血が疑われます。受診しましょう。

*赤色(血便)
大腸の病気による出血で、水様の便は食中毒、潰瘍性大腸炎、軟便や普通便なら大腸癌が疑われます。痔による血便もあります。医師の診察を受けましょう。

食生活の洋風化により大腸癌や糖尿病などが増えています。毎日の便の観察は病気の
早期発見につながります。
自分の便がちょっとおかしいな…と感じたら専門医の診察を受けることをおすすめします。