風邪だけじゃない、咳の原因となる病気

咳の原因となる病気はいくつもあります。代表的なものを紹介します。

感染症(肺炎、気管支炎、咽頭炎、上気道炎など)

急に出現した場合の咳の大きな原因は感染症によるもの。感染を起こす病原体はウイルス、細菌など多種多様。子供や若年者ではマイコプラズマ感染症が有名。こうした感染症の治療後にも数週間にわたって続くことがあるが、多くの場合には咳止めなどの対症療法のみが行われる。長期間続く場合には、結核菌による感染の可能性もある。

アレルギー疾患

花粉症(鼻炎)気管支喘息が代表的。3週間以上にわたって咳だけが続く、咳喘息と呼ばれる病態もある。咳喘息から気管支喘息に移行する可能性も指摘されている。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

肺に慢性の炎症がおこり、気道が狭くなって空気の流れが悪くなります。慢性の咳(せき)、(たん)、息切れが主な症状。主な原因はタバコ。少し動いただけでも息苦しく感じるようになる。

胃酸による刺激

胃食道逆流症と呼ばれ、胃液が食道に逆流することで刺激になり咳がでる。食直後に横になると胸焼けや咳が出現する場合、この病気が疑われる。中高年肥満体型の方は要注意。この場合には鎮咳薬ではなく、胃酸をおさえる薬が効く。

副鼻腔炎

鼻・副鼻腔の病気が原因となることがある。鼻汁が喉に垂れて刺激することで、咳や痰、喉の不快感が現れる。夜間、鼻がつまって寝苦しい、鼻のにおいが臭い、鼻声などで受診される例もある。

薬剤性

心不全及び高血圧治療薬の中のある種のACE阻害剤と呼ばれる薬が咳の原因となっていることがある。痰のからまない空咳が出る。
また、嚥下障害のある場合にこの薬を投与して、あえて咳をしやすい状態にすることで誤嚥性肺炎の予防効果が期待されることもある。

心臓疾患

心臓の病気のため、血液の流れが悪く、肺に血液が溜まり咳を起こす。就寝後数時間してから咳が出現する。生まれつきの心臓病がある場合と、急性の心筋炎、心外膜炎などで起る場合がある。

精神的な影響
(心因性)

咳払い様の咳、昼間は激しいのに眠っている時には全くしなくなる咳は心因性と考えられる。ストレスがあったり緊張が高まった時などにみられる。