白内障


ほとんどの人が聞いたことのある病気だと思いますが、今回はその白内障についてです。
どんな病気?
眼の水晶体が濁って視力が低下する病気です。水晶体とは眼の中でカメラのレンズのような役目をしていて、眼の奥にある網膜に像を映します。水晶体が透明だと光を十分に通すのですが、濁ってくると光を通しにくくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像を結べなくなり、視力が低下してしまいます。
原因はなに?
最も多いのが加齢によるもので、一般的に加齢性白内障(老人性白内障)と呼ばれています。加齢により水晶体に含まれるタンパク質が変性して起こります。誰でも年をとるにつれて水晶体は濁ってきます。高齢の人ほど多く発症します。
他に先天的なもの、外傷によるもの、全身疾患に合併するもの(アトピー性皮膚炎、糖尿病など)薬剤や放射線によるものなどがあります。
どんな症状?
・視力が低下する
・視界全体がかすんで見える
・光がまぶしくなる 明るいところで見えにくい
・二重、三重に見える
・眼鏡が合わなくなった     などです。

治療法は?
視力の低下やかすみが日常生活に支障がない初期の段階では、点眼薬による治療が基本。ただ、点眼薬を使用しても水晶体が透明にもどるのではありません。白内障の進行を抑えるために使用します。そして定期的に受診して検査を受けます。
白内障が進行してきて日常生活に支障がある場合は手術が行われます。
手術前・手術後の注意
手術前には問題なく手術できるか調べ、目に合う眼内レンズを選ぶため色々な検査をします。
手術日が決まると、数日前から抗生物質の点眼薬を使用します。眼球表面の細菌を減らしてより安全に手術を行うためにも、指示されたとおり点眼することが大事です。

手術は超音波水晶体乳化吸引術という方法が多いようです。麻酔は点眼か注射で、時間は10分から30分位、日帰り手術も可能です。主治医とよく相談して受けて下さい。

手術後は、感染症を防ぐために医師から受けた注意事項を守ることが大切です。日常生活について、入浴や洗顔洗髪、日常生活、運動など指示されたとおりにして下さい。
手術後は、視力や目の状態の把握、合併症などの異常を早期発見するために医師の指示通り検査、診察を受けることが大事です。そして処方された点眼薬は決められたように点眼します。通常は抗菌薬、ステロイド、非ステロイド系消炎薬の3種類使うのが基本です。自己判断で中止したり回数を変更しないようにしましょう。いつまで使用するかも医師の指示に従って下さい。

定期的な診察以外でも異常を感じるようであれば早い目に主治医に相談すると良いでしょう。
後発白内障 白内障の手術後数ヶ月から数年してまたまぶしくなったりかすんだりすることがあります。後発白内障といわれるもので、レーザーを使って濁りを取ることができます。