冬野菜

冬野菜には、寒い冬を乗り切るための栄養がたくさん含まれています。基本的に体をあたためる働きがあります。また、βカロテンやビタミンCが豊富なものが多く、風邪などに対する免疫力を高める働きがあります。寒さにさらされて、糖度が増す野菜も多いです。
大根
根は消化を助け胃腸の働きを助けてくれるジアスターゼを含みます。ビタミンCも多く含み、免疫力を高める働きがあります。
葉にはβカロチン、カルシウム、鉄分を多く含みます。
カブ
根の部分には、アミラーゼという消化酵素が含まれていて胃腸の機能を高め胃もたれを改善します。葉の部分には、βカロテンが多く含まれます。ビタミンC、カルシウム、カリウムも多く含んでいます。
ゴボウ
セルロースやリグニンといった食物繊維を多く含んでいます。強い抗酸化作用をもつポリフェノールも含みます。オリゴ糖を含み便秘予防に効果的です。
ネギ
ネギには、大きく分けると、根元の白い部分を食べる白ネギと葉の部分を食べる葉ネギがあります。白ネギは淡色野菜、葉ネギは緑黄色野菜に分類されます。栄養の含有量は異なります。
ビタミンCやβカロテン、抗酸化作用や疲労回復させる働きのあるアリシンを含みます。アリシンはビタミンB1の吸収を助けるので、ビタミンB1を多く含む食品と一緒に食べると効果が大きいです。アリシンは白ネギに多く含まれます。
ほうれん草
冬に栄養価が高まります。ビタミンCやβカロテン、鉄分を多く含みます。他にビタミンB1,B2、カルシウムも含みます。
白菜
寒い季節には甘味が増えます。特に多く含まれる栄養素はないが、バランスよく幅広い栄養素を含んでいます。カロリーが低く、色々な食材との相性がよい野菜です。煮込むとかさが減ってたくさん食べられます。
カリフラワー
ビタミンCを多く含みます。食物繊維も多く便秘に効果があります。
小松菜
カルシウム、ビタミンC、βカロテン、鉄分を多く含んでいます。栄養価の高い野菜です。カルシウムはほうれん草の約5倍です。
春菊
独特の香りがあります。この香りには自律神経に働き、胃腸を活性化、咳や痰を抑える効果もあるそうです。
Βカロチンを多く含みます。他にカルシウム、マグネシウム、リン、鉄分が豊富です。
★色々な野菜をバランスよく食事にとり入れましょう