食用油

一口に「食用油」といっても色々な種類があります。どんなものがあるのか調べてみました。
必須脂肪酸
体内で合成できないため摂取する必要がある脂肪酸です。多価脂肪酸のうちオメガ6系脂肪酸のリノール酸とオメガ3系脂肪酸のαリノレン酸が必須脂肪酸で必要量が定められています。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸
常温で固体であるものを、飽和脂肪酸といいます。ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸
ステアリン酸など。バター、ヘッド、ラード、牛や豚の脂身、ショートニング、マーガリン、ヤシ油、パーム油、ココナッツ油などに多く含まれます。
常温で液体であるものを、不飽和脂肪酸といい、不飽和脂肪酸は一価と多価に分けられます。
一価不飽和脂肪酸:オメガ9系不飽和脂肪酸 オレイン酸など

多価不飽和脂肪酸:オメガ3系不飽和脂肪酸 αリノレン酸  EPA DHAなど
オメガ6系不飽和脂肪酸 リノール酸 アラキドン酸など
飽和脂肪酸は、体内で合成できる。摂りすぎによる弊害に注意が必要。
オメガ9系は、体内でも作られる。加熱して良いので料理に使いやすい。オリーブ油 菜種油 紅花油 コメ油 アボカドオイル アーモンドオイル ピーナツオイルなどに含まれる。
オメガ6系は、体内で作られない必要な栄養素だが、意識して摂らなくても必要量以上に摂取できている。コーン油 大豆油 ひまわり油 紅花油 綿実油 グレープシードなど
オメガ3系も体内で作られない必須脂肪酸。αリノレン酸は体内で代謝されてEPA ,DHAになります。青魚に含まれるEPA,DHAもオメガ3系脂肪酸です。エゴマ油、亜麻仁油など
油の種類
大豆油 :原料は大豆 日本の油ではポピュラー
菜種油(キャノーラ油):原料は菜種の種子  ドレッシング、炒めもの、揚げ物などに使う
オレイン酸を多く含む
紅花油 :原料は紅花の種子 クセがなくあっさりしている  生食に適する
オレイン酸が多いものとリノレン酸が多いものがある
コーン油:原料はとうもろこしの胚芽    揚げ物に適する
綿実油 :綿を取った後の綿花の種子の核から油をとる
マーガリンやマヨネーズの原料に使える
ゴマ油 :原料はゴマの種子 ゴマを焙煎してから搾油したもの
酸化しにくく加熱に強い 香ばしい風味があり中華料理によく使う
オリーブオイル:原料はオリーブの果実 食用以外に化粧品や薬品に使われる
エキストラバージンオイルはオリーブの果実を絞ってろ過しただけの化学処理してい
ないバージンオイル。サラダやドレッシングなど生食によい
オリーブオイル(ピュア)は精製オリーブオイル、バージンオイルがブレンドされた
もの。加熱する料理に良い
ヤシ油 :原料はココヤシの果実を乾燥したコプラ ココナッツオイルになる
パーム油:パームヤシの果実が原料 菓子、マーガリン、ショートニングなどの原料
ひまわり油:ひまわりの種子が原料 ビタミンEを多く含む
コメ油 :米ぬかが原料
グレープシードオイル:ぶどうの種子が原料 くせがない リノール酸を多く含む
亜麻仁油:亜麻という植物の種子が原料 酸化しやすく加熱に弱い 生食に向く
αリノレン酸を含む
エゴマ油:エゴマ(シソ科の植物)の種子が原料 酸化しやすく加熱に弱い 生食に向く
αリノレン酸が豊富