予防接種とワクチン

ワクチンとは?

ウイルスや細菌が人の体に入って増殖すると、「麻疹」や「おたふくかぜ」などの感染症にかかることがあります。

ところが、一度この病気にかかると2回目に感染しても症状が出ないことが多いのです。それは体に「免疫力」ができるからです。

そのシステムを利用し様々な感染症に対する「免疫」をあらかじめ作らせておく製剤のことを『ワクチン』といいます。

ワクチンの種類

「生ワクチン」「不活化ワクチン」「トキソイド」の3種類があります。

特徴と主なワクチンは次の通りです

①生ワクチン

生きたウィルスや細菌の病原性(毒性)を症状が出ないほどに弱めて免疫ができるぎりぎりまで弱めた製剤。

自然感染と同じ流れで免疫ができるので、1回の接種で十分な免疫が作れます。自然な流れなのでしばらくして発熱や発疹など症状が軽く出ることがあります。

次に種類の違うワクチンを接種する場合、27日以上の間隔をあける必要があります。
麻疹風疹混合(MR)、麻疹(はしか)、風疹、おたふくかぜ、ポリオ、BCG、水痘など

②不活化ワクチン

ウィルスや細菌の病原体(毒性)を完全になくして、免疫を作るのに必要な成分だけを製剤にしたもの。

1回の接種では免疫は充分にできないため、ワクチンによって決められた回数の接種が必要です。

次に違う種類のワクチンを接種する場合は6日以上間隔をあける必要があります。
日本脳炎・インフルエンザ・B型肝炎・ヒブ感染症・小児の肺炎球菌感染症

③トキソイド

細菌のもつ毒素を取り出し、毒性をなくして免疫をつくる働きだけにしたもので、不活化ワクチンの1種です。次に違うワクチンを接種するには6日以上あける必要があります。
ジフテリア・破傷風

最近話題のワクチン

①子宮頸がんのワクチン

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染が原因といわれています。100種類以上もあるごくありふれたウィルスですが、その中の15種類ほどが「発ガンHPV」と呼ばれ性交渉により感染します。

「HPV16型」と「HPV18型」がその60%を占めています。

その予防のためにおこなうワクチンです。腕の筋肉に注射、半年間に3回接種で充分効き目があります。10歳以上45歳までに接種することが推奨されています。

②肺炎球菌ワクチン

高齢者の肺炎で最も多い原因である肺炎球菌に有効なワクチンです。

肺炎球菌以外の原因の肺炎には効果がありません。

小児には肺炎球菌による髄膜炎や菌血症、菌血症を伴う肺炎など重い感染症を予防するために接種します。生後2ヶ月から9歳以下まで接種できます。

③インフルエンザb菌結合型ワクチン(Hibワクチン)

Hibはいわゆるインフルエンザとは違うヘモフィルス属インフルエンザb型菌のことで、鼻やのどにいるときは問題ありませんが、血液や肺の中に入ると髄膜炎や敗血症・急性咽頭蓋炎などの深刻な病気を引き起こします。

生後2ヶ月もしくは3ヶ月以上、5歳以下の乳幼児が任意で接種できます。

お子さんのワクチンスケジュール

ワクチンは接種する対象年齢があり、予防接種で定められた「定期一類疾病予防接種」「任意接種」があります。

予防接種を忘れないようにスケジュールを立てましょう。インターネットで生年月日を入れると、予定が立つ予防スケジューラーというサイトもあります。利用してみましょう。