アロマテラピー

アロマテラピーって?

「アロマ=aroma」は「芳香」、「テラピー=therapy」は「治療」、「アロマテラピー」とは植物の持つ芳香成分を利用して、心や体のトラブルを穏やかに癒し、健康や美容に役立てていこうとする自然療法です。

ハンカチやティッシュを使って
ハンカチやティッシュに精油を1~2滴落として直接香りを嗅ぎます。睡眠前枕元に置いたり、勉強や仕事中に机の上に置いたり…。
持ち歩けるので外出先でも楽しめます。
花粉症や風邪の時はマスクにセットしても。
※オイルが直接肌に触れないように注意

 

手紙に添えて
精油を1滴つけたカードを添えるとほのかな香りが移り、手紙を送られた人に幸せな気分を一緒に届けることができるでしょう。 

 

マグカップを使ってかわら版ようカップ
マグカップに熱湯を入れ、精油を1~3滴落とします。蒸気をゆっくり深く吸い込みます。
※吸入の際は目を閉じましょう。
※長時間の吸入は避けましょう。

 

 お風呂で
浴槽にぬるめの湯をはり、5滴以下の精油を落とします。湯をよくかき混ぜ香りの湯気が立ち上ったところで、ゆっくりとつかりましょう。
精油の香りを楽しみながらゆったりとした気分で過ごしましょう。
※幼児や敏感肌の人は精油の量を減らします。
※肌に刺激を感じた場合はすぐ洗い流します。