深い呼吸でリラックス

ストレスの多い今日この頃、どのようにストレスを解消していますか?

手軽にできる解消法を紹介します。

 

ストレスが溜まっている時、イライラがつのっている時、自分では気づかないのですが比較的浅くて早い呼吸になっています。普段人間は肺で呼吸しているのですが、セカセカ息をしている時、肺の一部しか使わずに呼吸していると思われます。

イライラしている時、「一息置いて」、「一息ついて」と言う言葉があるようにちょっと意識してゆっくりめの呼吸をするようにしましょう。

 

まずひとつ深呼吸をし、しばらく吸って吐いて・・・と息をして下さい。余裕のある時は、座ったり横になったりして、鼻から息を吸ってお腹に息をため、その息をお腹から吐き出すように、口から「ハァ~」と吐いて下さい。その時、息は鼻から吸うこと。口から吸うと喉を痛めてしまいます。この「腹式呼吸」ができるようになると、セカセカしてドキドキしていた心臓も次第に落ち着いてくると思います。

 

横隔膜、腹筋を使うので血流が良くなり内臓力アップにつながります。さらに、肺や腸の機能もアップするので、免疫力も上がり便通も良くなると思います。

 

例えば、肩こりで肩を揉んでもらう時

肩の力を抜いて痛みを口から「ハァ~」と吐き出すように揉んでもらうと、呼吸により筋肉がゆるみ、内部までマッサージが浸透するという効果があります。肩以外の部位にも有効です。マッサージやリハビリの際、無理の無いように試してみましょう。

 

例えば、ウォーキングの時

普通の呼吸をゆっくりめの呼吸に変えて、4歩吸って4歩吐いて・・・という位のリズムで歩くと、代謝が上がりより効果的なウォーキングになるでしょう。

 

より健康的な毎日を過ごしていけるように、呼吸を整えることを意識してみませんか。