青魚を食べよう

魚は体に良いといわれますね。

中でも青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)という成分が多く含まれています。この成分は、血液が血管内で固まるのを防ぎ、血液をサラサラにする働きがあります。また、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、善玉コレステロールを増やすなどの働きがあり、動脈硬化や脳梗塞、高脂血症などの病気の予防や改善に効果があるとされています。EPAは薬としても存在します。

 

さらに、DHAは、脳や神経組織の機能維持や発育に欠かせない成分です。食品からしか摂取できません。DHAは青魚に限らず魚の目の周囲の脂肪に多く含まれています。

EPAとDHAは、互いに補い合って生活習慣病などの予防をしますが、血液の流動性を高める効果はEPAのほうが高いといわれています。

 

摂取を目的とした魚の調理方法は刺身、煮魚、ホイル焼き、グラタンなど煮汁ごと食べるのがお勧めです。

揚げ物や網焼きにすると脂肪分と一緒に外に出てしまい、効率よく摂取できません。

また、EPAの豊富な魚は、酸化されやすいという欠点がありますので、鮮度に十分注意し、体内での酸化を防ぐためにβカロチンやビタミンC・Eの豊富な野菜などの食品と組み合わせてとるようにしましょう。

脂肪分も多いので食べ過ぎは逆効果です。

食欲の秋です。体に良いものを美味しく食べながら、健康を維持できればよいですね。

 

 

EPA・DHAの多い魚の代表

        鮪       鯖       鰯        秋刀魚         鰤       鯵       全部読めましたか?

 

                       読み方答え : まぐろ さば いわし さんま ぶり あじ