乾燥肌対策

乾燥肌は、水分不足だけでなく、皮脂不足の状態です。原因として精神的ストレス、加齢、紫外線、洗顔の間違い、過剰洗顔による皮脂の取り過ぎ、無理なダイエットなどがあります。

乾燥肌は、すべての肌トラブルの直接の原因になるので正しいスキンケアの知識を身につけてトラブルを改善しましょう!

洗顔

洗顔は、洗顔料を使わずにぬるま湯でパシャパシャと洗うだけでも、顔のアカやホコリは取れます。

手洗い洗顔料は肌の汚れを良く落としますが、肌の大切な皮質まで落としてしまいます。皮質は肌の水分を保つバリアの働きをしているので、皮質がなくなると肌は乾燥してしまいます。

乾燥肌対策として、洗顔料を使う場合は夜だけの使用にするなど、使いすぎないようにしましょう。

その際、洗顔料をよく泡立てます。ゴシゴシ擦ると角質が剥がれてしまいます。泡で包み込むように優しく洗い、洗顔料が肌に残らないように、よくすすいでください。

化粧を落とすときのクレンジングも注意が必要です。クレンジングが十分に行われないでいると、化粧の汚れが肌に残ってしまい、肌荒れや乾燥肌の原因になります。クレンジングは入念にして、クレンジングの後はぬるま湯でバシャバシャと洗い流すだけにしましょう。

水道保湿

正しいクレンジング・洗顔の後に、まず化粧水でたっぷりと水分を与えた後、美容液で

部分的に集中保湿し、その次で初めて油分の含んだ乳液を使います。

 

洗顔後の素肌に使う基礎化粧品の順番は

化粧水①化粧水→ ②美容液→ ③ジェル・ゲル(油分の入っていないタイプ)→④乳液→ ⑤クリームです。

これらを全て揃えて使用する必要はありません 。皮脂が多いのなら乳液やクリームは要りませんし、十分潤っているなら美容液は必要ないかもしれません。

同じような化粧品が数種類重なる場合には、油分が少ないものを先に使います。油分の配合や量がわからない場合には、見た目にサラッとしている方を先につけるとよいでしょう。

どんな肌でも、化粧水だけはきちんと使用したほうが良いでしょう。洗顔後には保湿成分が流出してしまい肌が乾燥に傾いています。洗顔後にはたっぷりと化粧水で水分を与えて下さい。