頭痛も立派な病気です

頭痛頭痛は、日常的に体験するありふれた症状ですが、なぜ、そしてどのようにして頭痛が起こるのか知っていますか?頭痛は頭の中に痛みを感じるため、脳自体が痛んでいるように思われます。しかし、脳そのものが痛みを感じているわけではありません。ほとんどの頭痛は、頭蓋骨の内外にある血管や筋肉、神経が刺激を受けて起こります。

たいていの頭痛は休養をとれば解消されますが、頭痛が危険な病気の危険信号である場合もあります。そのことを心得て頭痛についての正しい知識を身につけておきましょう。

頭痛の種類

ひと口に頭痛といっても、いくつかの種類があることをご存じですか?頭痛は、痛みの起こり方によって大きく「日常的に起こる頭痛」「慢性頭痛」「脳の病気に伴う頭痛(危険な頭痛)」に分けて考えられます。

ひと口に頭痛といっても、いくつかの種類があることをご存じですか?頭痛は、痛みの起こり方によって大きく「日常的に起こる頭痛」「慢性頭痛」「脳の病気に伴う頭痛(危険な頭痛)」に分けて考えられます。

日常的な頭痛

原因:風邪や二日酔い、気圧の変化

特徴:原因が解消されれば自然に治る

◆慢性頭痛

偏頭痛:血管の炎症による頭痛。脈打つようにズキズキと痛みます。

吐き気がある場合もあります。光や音で痛みが増します。

緊張型頭痛:筋肉のコリからくる頭痛です。頭が重かったり、締め付けられるような頭痛です。

肩や目などが疲れた時などに起こります。

群発性頭痛:血管の拡張による頭痛。最も痛い頭痛と言われています。

救急車◆脳の病気に伴う頭痛(危険な頭痛)

くも膜下出血:バットで殴られたような激しい頭痛

脳腫瘍:脳に腫瘍ができることによる頭痛。

物が二重に見える、手足に力が入らない、吐き気なども。

脳梗塞・脳出血:脳の血管が切れる、詰まることによる頭痛。吐き気、手足の痺れ、

麻痺なども。生命に危険がおよぶケースもあるので注意が必要です。

いつもと違って激しい痛みが突然起こったり、高熱や手足の麻痺があるような時、命に係わる病気の可能性もあります。すぐ病院を受診しましょう。

頭痛に関する質問

飲酒Q:二日酔いの頭痛って?

A:アルコールが体内でアセトアルデヒドという有害な物質に分解され脳血管の周りに炎症を起こさせてしまうのです。消炎鎮痛剤が効果があります。

寝すぎQ:寝すぎで頭痛が起こるのは?

A:寝すぎで緊張が緩み頭の血管の周囲に炎症が広がることで頭痛が起こると言われています。寝不足でもストレスがかかって、頭痛が起こります。寝すぎも寝不足も体にとって大きな負担。規則正しい生活を心がけましょう。