美肌とビタミン

乾燥対策

ビタミンC
美肌を維持するコラーゲンの合成に不可欠なビタミン角質の天然保湿因子バランスを正常に保ち肌をしっとりさせる。

ビタミンE
抗酸化作用が高く、新陳代謝を活性化させるのでアンチエイジング(老化防止)にも効果がある。

βカロテン、ビタミンA
皮膚の粘膜の形成に。不足すると乾燥肌になり小じわが起こる。

大人のニキビ・肌荒れに

栄養バランスのよい食事、快眠、快便、リフレッシュが大事。しかし、ビタミンB2,B6が不足すると、脂っぽい肌になり、ニキビができやすくなる。B2は肌の新陳代謝にも深く関わっているため、美肌には欠かせない。
パントテン酸はB2同様に脂質を分解し、脂っぽい肌を防ぐ。ストレスも緩和してくれるので、ストレスによるニキビにも効果あり。

ビタミンを多く含む食品は?

ビタミンD : まぐろ、いわし、干ししいたけ、卵
ビタミンE : 豆類、ナッツ類、かぼちゃ
β‐カロテン : 人参、かぼちゃ、ブロッコリー、みかん
ビタミンC : みかん、いちご、ブロッコリー、トマト、ほうれん草、レモン
ビタミンB2 : 牛乳などの乳製品、卵、納豆、ほうれん草
ビタミンB6 : 牛乳、レバー、さんま、ほうれん草
パントテン酸 :広く食品に含まれる

UV対策

ビタミンC
シミ、ソバカスの原因であるメラニンの生成を抑える。また、肌に沈着したメラニンを白色にする効果もある。

ビタミンD
紫外線をカットするUV化粧品を常用しているとビタミンD合成が抑えられ、ビタミンD不足となることがある。