飛蚊症って、なに?

蚊明るい所や白い壁、青空などを見た時、眼の前に虫か糸くずのような物が飛んでいるように見えること
を「飛蚊症(ひぶんしょう)」と言います。これは眼を動かしても一緒に移動するように感じられます

何が見えているの?
眼球の中はゼリー状の透明な物質で満たされています。これが硝子体です。光は、角膜、水晶体、硝子体を通過して網膜で画像を結んでいます。硝子体に濁りがあると、網膜に影が映り、虫か糸くずが飛んでいるように見えるのです。
なぜ見えるの?
飛蚊症には生まれつきのものと、生後出現するものがあります。
生まれつきのもの:胎児の時の組織が、生後も硝子体の中に残っている場合
生後出現するものには、生理的なものと病的なものがあります。
A)生理的飛蚊症
後部硝子体剥離:年齢が進むとともに、硝子体に含まれる線維と水分が分離して硝子体の変性が起こります。さらに進むと眼球の後ろの硝子体膜が網膜からはがれて、線維の塊が眼球内を浮いた状態になります。これが虫が飛んでいるように見えるのです。     心配ない場合が多い。が、網膜裂孔や剥離が起こることがあるため、浮遊物が急にふえた場合はすぐ受診しましょう。
離水:加齢により硝子体の組織が変化し、硝子体内に液体がたまって小部屋のようなものができます。これが飛蚊症として見えます。眼か医師
B)病的飛蚊症      治療の必要があります。
網膜裂孔:網膜が破れて穴が開いてしまった状態。多くは網膜の血管が切れて出血が起こりその血液に
よって硝子体が濁り、飛蚊症の症状が出ます。
網膜剥離: 網膜がはがれてしまった状態。網膜裂孔を放置しておくと起こる場合がほとんどです。
ブドウ膜炎:ブドウ膜に炎症が起こる病気。飛蚊症で初めて気づく場合もあります。
硝子体出血:網膜が破れたり離れたりしていなくても硝子体内に出血が起こり、その出血量が少ないと   眼か医師
飛蚊症の症状が出ます。
※硝子体出血を起こす疾患として「糖尿病性網膜症」、「網膜静脈閉塞症」
・・・・・などがあります。
飛蚊症には、加齢によるもので心配ない場合と治療を要する場合があります。自覚したら一度眼科を受診してみましょう。