あせもととびひ

医師あせも(汗疹)
汗を大量にかいた後、発症しやすい疾患で、夏に多くみられます。

汗管という汗の出る管がふさがって汗が皮膚の外に出ず、皮膚内に漏出して起こります汗を大量にかいた後、発症しやすい疾患で、夏に多くみられます。汗管という汗の出る管がふさがって汗が皮膚の外に出ず、皮膚内に漏出して起こります
あせもには、3種類あります
1赤ちゃん紅色汗疹 …赤い丘疹が多発し、かゆみや痛みがある。 
水晶様汗疹…症状は軽度。赤みやかゆみはなく、皮膚の表面に1~3ミリの白っぽい水ぶくれができる。 
      紅色汗疹より表面に近い所に汗がたまる。かゆみや痛みはない
深在性汗疹…皮膚の深い部分で起こる。白っぽく扁平な丘疹。日本ではあまり見られない。

あせもにならないためには予防が大切。
衣類をこまめに着替える、裸は汗の蒸発が速やかでないためよくない。風通しがよく、吸湿性の高い
 服装をする…などに気をつけましょう。
清潔にすること。汗をかいたら、シャワーなどで洗い流す。石鹸は使っても、こすりすぎはよくない。清潔な濡れタオルで拭く時もこすらないようにします。
風呂涼しくすること。エアコンや除湿機で室温、湿度を調節しましょう。冬でも厚着にならないように気を付けましょう。
できてしまったら、早めのスキンケアと塗り薬による治療をします。かくことによって、二次感染のとびひ(伝染性膿痂疹)などになることもあります。

とびひ(伝染性膿痂疹)
虫刺され、湿疹、あせもなどをかきむしったような、皮膚の浅い傷に細菌が入り、感染することで起こります。水ぶくれやカサブタができます。それが飛び火のように次々広がっていく病気です。伝染力が強く、他の人にうつります。

赤ちゃん2できるだけ早く病院を受診しましょう。治療は抗菌剤の入った塗り薬、飲み薬を一緒に使うこともあります。症状により、炎症を抑える薬、痒みを抑える薬を使うこともあります。
家庭では、シャワーなどで洗い流し清潔にしておきます。家族にうつらないように、タオルなどは別にしておきましょう。