夏野菜を食べよう!

ピーマンちゃんおいしく食べて健康に!夏野菜を食べましょう!                                                       
店頭には多くの野菜が一年中出回っていますが、同じ食べるなら旬のものがおいしく栄養価も高いはず、夏においしい野菜を紹介します。トマトちゃん
きゅうり
成分の95%が水分でビタミンCやカリウムが含まれています。カリウムはむくみやだるさの解消に効果があります。きゅうり
*ポイント
新鮮なうちに食べるのが一番ですが、ピクルスもおいしいですね。

大葉(しそ

ビタミン類、ミネラル類が多く、特にカロテンは野菜の中でトップクラスです。
香り成分に防腐作用があります。
*ポイント
素麺の薬味にいかがでしょうか。さわやかな香りが食欲をそそります。

トマトとまと
ビタミンC、Aが多く、血圧を下げるカリウム、ルチン、脂肪の代謝を助けるビタミンB6なども含まれています。
トマトの赤い色素「リコピン」には、様々な生活習慣病の原因となる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。

*ポイント
加熱することで吸収率が高まるので、サラダだけでなく、炒めたり、煮込み料理もおすすめです。
うまみ成分のグルタミン酸は種のまわりのゼリー部分に多く含まれています。
保存性のある缶詰やジュースは通年利用できるので便利です。

オクラおくら
カルシウム、カロテン、食物繊維、ビタミンC、E、カリウム、鉄。
粘りの成分は食物繊維のペクチンとムチンです。
胃の粘膜を保護し、たんぱく質の消化を助ける効果があります。
*ポイント
緑が濃くて、うぶ毛がびっしり生えているものを選びましょう。

枝豆
タンパク質はもちろんビタミンB1、B2、
C、カルシウムが豊富に含まれています。枝豆
アルコールの分解を促し、肝臓への負担を軽くするのでビールとの相性もぴったりです。
*ポイント
枝つきを買って切り離してすぐに茹でるのがおいしく食べるコツ。茹ですぎは禁物。
とうもろこしとうもろこし
糖質が豊富で、タンパク質、脂質、ビタミンもバランスよく含みます。とうもろこしのビタミンはゆでても失われにくく疲労を回復し、食物繊維は便秘、大腸がんを予防します。
*ポイント
鮮度が落ちるのが早いので買ったらその日のうちに食べましょう。

パプリカ
赤・黄・オレンジなどがあり、ピーマンに比べて肉厚で、甘いのが特徴です。
ビタミンC、K、A、カリウムなどが豊富で、ビタミンCの含有量は、赤、黄、緑の順です。風邪の予防や疲労回復などに効果があります
*ポイント
そのままサラダで、皮をむいてマリネできれいな色と甘味を楽しみましょう。軸に切り口が新しく、ハリ、ツヤのあるものを選びましょう。パプリカ