PET検査ってなに??

 

PET(ペット)検査はがんを検査する方法のひとつです。「痛みなどの負担が少なくこれまでの検査ではわかりにくかった小さながんを発見できる」として近年注目されている検査です。
PETとは、「陽電子放射断層撮影」という意味で「Positron Emission Tomography」の略です。

仕組み

がん細胞は正常な細胞に比べて、3~8倍のブドウ糖を取り込むという性質を利用して、ブドウ糖に近い特殊な検査薬(FDG)を注射して、がん細胞に目印をつけるというのが仕組みです。
従来のレントゲンやCT、MRIなどの検査は、映し出された造形からがんを見つけますが、PETは細胞の性質を調べてがんを探し出します。

FDGを体内に注射する

FDGとはブドウ糖に陽電子放出核種を組み込んだ薬剤で、これはまわりの電子と反応して放射線(γ線)に変わる。このγ線が目印になる注射
しばらく安静にし薬剤が全身に広がるのを待つ
がん細胞にFDGが集中する

PETカメラという装置で全身のFDGの分布を撮影する

がん細胞の位置や大きさ、進行度合を調べる

利点病院

一度の検査でほぼ全身を見ることができる⇒がんの転移や再発の診断に有効

痛みなどの苦痛が少ない

有用性

最もよく発見されるがんは、甲状腺がんと肺がん、大腸がんです。次いで食道がん、子宮がん、悪性リンパ腫など。
一方、早期胃がん、前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、膵臓がん、脳腫瘍などは不得手としています。
このようにPETは万能ではありません。がん検診においては、PET単独よりCTやMRI、超音波などを組み合わせて実施するのが確実です。医師

保険適応について

平成22年4月より、早期の胃がんを除くすべての悪性腫瘍に適応が認められるようになりました。 ただし、レントゲン検査やMRI、血液検査などの検査で、診断。転移、再発の確定ができない方、またはすでに診断されている方に限定されます。

よって、検診目的は保険適応外となります。