鼻呼吸と口呼吸

 

人は『免疫力』が低下すると病気になりやすくなります。口呼吸は、この免疫力の低下に直結しているのです。口

鼻は、空気中のバイ菌やウイルスを取り除く、フィルターの役割をしています。口呼吸ではそれらが取り除かれずに体内に入ってしまうため、病気になりやすくなります。また、口呼吸により口腔内が常に乾燥し、殺菌、洗浄、消毒作用のある唾液を減少させてしまいます。

そして、細菌が繁殖し、口臭、虫歯、歯周病が起こりやすくなります。くしゃみ

口が開いている時間が長いので舌が下がり、唇に締まりがなくなり歯並びも悪くなります。

その他、脳に酸素がうまく取り込まれなくて集中力が欠けたり、喉にある扁桃リンパ組織の感染を招く恐れが増大したりすることもあるそうです。

なぜ口呼吸になるのか? 口唇閉鎖力や舌位置の低下⇒口をポカンと開ける⇒口呼吸

≪あなたは大丈夫?口呼吸チェック≫

チエック1:口呼吸チエック項目  口呼吸といっても自分ではなかなか自覚できません。

ここで、チエック項目を挙げます。1つでも該当するものがあれば、口呼吸を疑ってみる必要がありそうです。

*無意識に口を開けている

*口を閉じるとあごに梅干のようなしわができる *クチャクチャ音を立てて食べる

*朝起きた時、喉がヒリヒリ痛い

*歯のかみ合わせが悪い

*唇が乾燥している

*イビキや歯ぎしりがある いびき

*口臭が強い  などです いかがでしょうか?

チエック2

舌の位置の確認 左の項目以外に口呼吸と密接な関わりがあるのが舌の位置です。口を閉じた状態で舌の先端が どの位置にあるか確認してみてください。

*前歯の裏側に当たっている要注意!!  口呼吸の恐れがあります。正しい位置は上あごにピタリと付いている状態です。

正しい位置に収まっていると口腔内の潤いが保たれ免疫は保護されます。 いつも口を開いていると自然に舌の位置が下がり、舌筋や物を噛む咀嚼筋、口を開閉する口輪筋の力も低下してしまうのです。

口呼吸を治す方法 ↓

*息を吸うとき唇を閉じて鼻呼吸を意識してする

*口のまわりの筋肉を鍛える

*鼻炎など鼻に原因があるときはまずその治療

*枕が合ってない場合、合うものに変える

*口呼吸を治す器具を利用する           など色々あります。

あいうべ体操 口呼吸を鼻呼吸へと改善させるための方法の一つです。福岡のみらいクリニックの今井先生が考案されたものです。

次の動作をゆっくり、大げさに、順に繰り返します。声は出しても出さなくてもかまいません。

 ①「あー」と大きく口を開く       ②「いー」と口を大きく横に広げる    

 ③「うー」と口を前に突き出す      ④「べー」と舌を出して下に伸ばす

1度に10回程度、1日3回を目標に 毎日続けます。但し、無理はしないでください。

呼吸の改善は、虫歯や歯周病だけでなく、便秘(唾液腺の働きを刺激するので消化管の動きを活発にする)鼻炎、アトピー、喘息、うつ症状(口の体操は自然と脳を刺激し、爽快な気分が得られる)の原因 治療につながります。あいうべ体操を継続している人は症状も改善していきます。