ミネラルの話

人体に存在する元素は約60種類あり、酸素、炭素、水素、窒素が約96%を占めています。
これらの元素は炭水化物や脂肪、タンパク質の主要成分で、この4種類を除いた元素を「ミネラル」と呼びます。

ミネラルの中でも人体の機能調節や維持に必要な16種類を「必須ミネラル」と呼びます。
必須ミネラルのうち、イオウ、塩素、コバルトを除く13種類のミネラルについて、厚生労働省が摂取基準を定めています。
体に必要なミネラルの量は微量ですが重要な役割をはたしていて、体の機能維持や調節のために欠かせません。
ミネラルは体内で合成できないため食事から摂取する必要があります。

しかし、ミネラルは過剰症と欠乏症の範囲が狭いのが特徴です。不足しないように摂取することは大切ですが、特定のミネラルを大量にとると、かえって健康をそこなうこともあり、注意が必要です。

必須ミネラル16種類かる
カルシウム
骨や歯を作る  筋肉の収縮、神経伝達、血液凝固に関与
体内に最も多く存在  不足すると骨粗鬆症を起こす 日本人は慢性的に不足
マグネシウム
骨の形成や神経伝達、筋肉の収縮、細胞内のカルシウムやナトリウムの量を調節
リン
骨や歯の成分 エネルギーに関係するATPの構成成分 加工食品取り過ぎで過剰摂取に
鉄
赤血球中のヘモグロビンの成分 全身に酸素を届ける
約70%は血液、約4%は筋肉、残りは肝臓、脾臓、骨髄に存在 食品に含まれる鉄の吸収率が低いため不足しやすい 不足すると鉄欠乏性貧血になる

鉄の代謝に不可欠 様々な酵素の成分としてコラーゲン生成に関与、動脈硬化や糖尿病予防にも関与まん
ナトリウム
細胞外液の浸透圧を維持 神経伝達・筋肉の収縮に関与
カリウムとともに体内水分量を調節
調味料や加工品に多く含まれ日本人は摂り過ぎ傾向 過剰は高血圧・むくみの原因