乾燥の気になる季節に 湿度の話

 

乾燥の気になる季節がやってきました。適度な湿度は粘膜の状態を整え、風邪や乾燥からくる肌の荒れ、ドライアイなどを防ぐことができます。 室内で快適な湿度は40~60%とされています。40%以下の湿度になると目や肌、のどの乾燥を感じるだけでなく、インフルエンザウイルスが活動しやすくなります。反対に湿度が60%以上になるとダニやカビが発生しやすくなります。窓

絶対湿度と相対湿度

湿度とは空気中の水蒸気の量や空気の湿り具合の程度などを表します。湿度には絶対湿度と相対湿度があります。カビ

絶対湿度は体積1㎥の空気中に含まれる水蒸気の量のことです。

相対湿度は、絶対湿度を飽和水蒸気量で割ったもので単位は%となります。

飽和水蒸気量とは、その時の温度で空気が含むことのできる水蒸気の最大量です。

日頃湿度といっているのは相対湿度のことです。但し湿度計は、5%くらいの誤差はあります。

暖房と加湿ヒーター

冬場でも平均湿度は40~50%あり、数字だけ見ていると湿度値はそう低くありません。 しかし、空気中に含まれている水分量は気温の低い冬では少ないのです。空気は温度が上昇すると、含むことのできる水分量も多くなります。そのため、加湿せずに室内を暖房した場合、空気中の水分量は同じまま室内温度だけ上がるので、湿度は下がります。暖房による乾燥を防ぐためには、適度に加湿しながら湿度を適正に保つ必要があります。

排気を屋内に出すファンヒーターや石油ストーブなどの開放型の暖房器具は、燃焼により水蒸気が発生するので、通常は加湿量は少なくてすみます。しかし、一般的にエアコン、電気ストーブなどはまったく水蒸気が発生しないため、加湿が必要となります。 ところで、湿度が高くなりすぎると、カビやダニが発生しやすくなります。特に冬場は、窓ガラスや北側の壁、押入れなどが結露しやすく、それが原因でカビが発生することがあり、注意が必要です。

加湿器を使うなら・・・エアコン

スチーム式、気化式、超音波式、ハイブリット式などたくさんの種類があり、それぞれ長所短所があります。各家庭の状況に合わせて選ぶのがよいでしょう。