しもやけ

くつしたしもやけは寒さのために血行が悪くなり起こる炎症です。正式には「凍瘡」といいます。手や足の指先など血管が細い所や、肌が露出している頬や鼻先、耳たぶにできやすいです。

手足の指先や耳が赤くなったり、腫れて硬くなり「ジンジンする」「むず痒い」「痛い」「熱い」といった感覚を起こします。患部を温めると痛みや痒みを強く感じることが多いです。

なぜ、しもやけになるの?

体質や遺伝も関係するかもしれませんが、大きな原因として、気温と皮膚表面の温度が関係しているそうです。

気温が5℃くらいで、昼と夜の気温差が10℃前後と大きい時に、体を濡らしたまま放置していると、乾くときに皮膚の表面温度が下がり血行が悪くなったときに、しもやけができやすくなります。

しもやけが手足の指先などによくできてしまうのは、血行が悪いと血が流れにくい場所だからです。

しもやけができてしまったら?

血行を良くすることが一番です。しっかり温めることと湿った状態にしないことが大切です。

40℃くらいの温水と5℃くらいの冷水を用意し しもやけの部分を交互に浸すことを繰り返す方法 最初は温水で、最後も温水にすること、温水の時間を長めにすることがポイントです。 しもやけを予防するには?

入浴中にマッサージを行ったり、血行を促進するビタミンEのサプリメントなどを摂取すること、ビタミンEなどの入った軟膏やクリームを塗ることも有効です。

患部が赤く腫れて、触るだけでも痛いようなひどい状態になった場合やなかなか治らない場合は、自然に治すのは難しいです。我慢をしないで医療機関で診察してもらいましょう。

しもやけを予防するには?

*体を冷やさないように注意する

・寒い時期の外出には、手袋や帽子、厚手の靴下などの防寒具で手足や耳が   冷えないようにする。

・血行が悪くなるのできつい靴を履かない。

・手袋や靴下が濡れてしまったらすぐに取り替える。

・汗をかいてしまった時や体、特に手足の指などが濡れた場合はそのままにせずすぐに拭き取る。

・風呂あがりは湯冷めしないように暖かい服装をする。

*基礎代謝をあげる

・有酸素運動(ランニングやウォーキングなど)をする。

・軽い筋トレやストレッチを習慣的におこなう。

・よく噛んで食べる。

・朝食を摂る。

・暖房器具に頼り過ぎない(使用する場合、室温20~22度くらい)。

・正しい姿勢で歩くように意識する