夏の冷え性

冷え性は冬だけの症状というイメージが強いですが、最近は夏の冷えに悩む人も少なくありません。

冷え性とは?

手足やお腹、肩などの体の一部が冷たくなったり、しびれたりすることを指します。冷え性では、特に体温の変化は見られません。

なぜ暑い時期に冷えるの?

暑いからとつい、冷たい食べ物や飲み物ばかり摂ってしまうsyawa-

オフィス、電車の中などで冷房の効きすぎで体が冷えてしまう

暑いので湯船につからずにシャワーで済ませてしまう

など、夏は意外に体を冷やしやすい環境が多いのです。 また、外気温と室温に差がある状態で、行ったり来たりすることで自律神経に乱れが生じます。すると、体温調節がうまくいかず、冷えや体調不良を引き起こしてしまいます。

解消法は?

冷え性といっても、手足の先が冷える、下半身が冷える、内臓が冷えるなど人によってタイプは様々です。手足が冷える末端冷え性の人に効果的な解消法を紹介します。

食事

タンパク質が不足すると冷えやすくなるので、豆腐、鶏胸肉、ささみ、マグロの赤身などを積極的に摂りましょう。また、ミネラルやビタミンが不足すると食物からエネルギーや熱を作ることができないので、不足しないようにしましょう。 しかし、夏野菜や果物は水分たっぷりで美味しいのですが、体を冷やす作用があるので摂り過ぎには注意が必要です。

暑い時期にはついキンキンに冷えたものを飲みたくなりますが、常温か温かい飲み物をまめに飲むようにしましょう。tya

運動

冷え性解消に最適な運動はウォーキングです。手をしっかり振り、ジョギングより少し遅いくらいの速さで大股で歩きます。

室内で簡単にできる運動なら、足を軽く開いて立ち、両足を一緒に上げ下げする背伸び運動はいかがでしょうか? また、椅子に座って、足元に小さなボールや空き缶などを置いて、足の裏でコロコロ転がすと足裏のツボが刺激され、全身の血行がよくなります。furo

生活

外出先などでエアコンの温度調節ができない時は「首」「お腹」「足首」の3点をガードしましょう。この部分を温めるだけで体が温まります。 ストールやレッグウォーマー、腹巻きなどを活用するのもよいかもしれません。

体を温めるには半身浴もおすすめです。どうしてもお湯につかれない場合、「足湯」はいかがですか? バケツや大きめの洗面器に42度くらいの熱めのお湯を入れて15分ほどくるぶしまでつけるだけです。足のむくみや疲れもとれてスッキリします。入浴剤や好きな香りのアロマオイルを1、2滴入れればリラックスできてより効果的です。