発酵食品

 

 

 

「発酵食品」とは、食材を発酵させることにより作られる食品です。

「発酵」とは、ある物質が微生物(乳酸菌、酢酸菌などの菌や酵母)の働きにより、人間にとって有益な方向へ変化することです。

発酵すると、においや形は変化しますが腐敗とは異なります。

どんな食品がある?

飲料  日本酒:米を麹菌と清酒酵母で発酵

ワイン:ブドウをワイン酵母で発酵

ビール:大麦の麦芽をビール酵母で発酵

紅茶 :原材料そのものが持つ酵素により 酸化発酵

醸造酢:酒類が酢酸発酵   他に みりん、甘酒、酒粕などしょうゆ

 

穀物

納豆:大豆を納豆菌で発酵

醤油:大豆を麹菌、酵母で発酵

味噌:大豆を麹菌、酵母、乳酸菌で発酵パン

パン:小麦をパン酵母で発酵

 

野菜果物の加工品:野菜を乳酸発酵  漬物、キムチ、ザワークラウト、ピクルスなど

酪農製品  ヨーグルト:牛乳等の乳を乳酸菌で発酵    他にチーズ など

他に鰹節など

数年前、話題になった「塩麹」。これは麹、塩、水を混ぜて発酵したものです。

料理に用いると旨味のある深い味わいになると、人気の調味料になっています。この塩麹も発酵食品です。ビタミンB群が豊富に含まれています。

また、乳酸菌も多く含まれていて、おいしいだけでなく健康や美容によさそうです。キムチ

発酵食品、どんな利点がある?

発酵食品には、腸内環境を正常化、抗酸化作用などの効果があります。また、発酵することで体に良い栄養成分が増えます。例えば、納豆は納豆菌の働きで、血流がよくなる「ナットウキナーゼ」が生まれます。

また、ヨーグルトは発酵することで、カルシウムが吸収されやすくなります。さらに、食品は、発酵により風味が増しおいしさに深みが出ます。保存性も高まります。

 

発酵食品は沢山一度に摂ればよいというのではありません。発酵食品ばかり食べ続けると食生活のバランスが崩れます。毎日の食事に上手に取り入れて、続けていくことが大切です。