漢方薬を知ろう

かんぞう

漢方(医学)とは

中国から伝えられた医学をベースに日本人の体質や風土に合わせて独自で発展・進化したものが漢方です。

そのため、中国には漢方というものは存在しません。日本独自の伝統医学なのです。

漢方薬とは

生薬と言われる薬物と、それらを複数組み合わせた「漢方処方」を指します。 生薬とは植物の根や茎、貝殻や鉱物など薬効成分を持った自然素材のことです。kakkonn

漢方の診察

医師による望診(顔色、皮膚、舌の状態など)・聞診(咳の状態、体臭など)・問診(自覚症状、病歴)・切診(脈やお腹の状態)の四診により診察し、

心を含めた体全体の病態や体質をとらえて「証」として診断します。 「証」は漢方にとって重要な役割を果たすものでこれによって処方される漢方が決められます。

西洋医学との違い

西洋医学は科学的で、検査などで病気を診断したうえで根拠(エビデンス)に基づいた治療を行います。

それに対して、漢方は経験的で、患者さんの状態を証という独特の指針を用いて診断して実績に基づいた治療を行います。 漢方では「未病を治す」という病気の一歩手前で治療を受けることで、病気を予防することを重要視しています。

漢方による「証」

証は「陰陽」「虚実」「気・血・水」といったさまざまなものさしによって診断されます。ase

  陽証タイプ  :     活動的で熱性。脈が速く暑がり、発汗多め

  陰証タイプ  :     非活動的で寒性。顔色が青白く寒がり、発汗少ないアおしろい

  実証タイプ :  エネルギッシュで顔艶が良い。声が大きく血行が良い

  虚証タイプ   :   青白い顔で疲れやすい。寒がりで低血圧元気

    気     :     目に見えない生命エネルギー

            :    全身を巡って組織に栄養を与える(主に血液を指します)

             :    潤いや栄養を与える液体 (尿や血液以外の体液全般を指します)

この3つの要素が体内をうまく巡ることで健康が維持されると考えられており、一つでも滞ったり、偏ると不調や病気が起こりやすいとされています。

 

漢方薬は個々の症状や体質に合ってこそ十分に力を発揮できます。

しっかりと証を診断した上で漢方を服用することで全身のバランスを整えていきます。

漢方は効き目が遅いと思われがちですが、体質や症状に適すると全身のバランスが 整えられて何らかの変化が出てきます.さいこ

また風邪や胃腸症状の急性期に適したものも たくさんあります。何か体に不調を感じている方、漢方による治療を受けてみたい方は 一度漢方外来を受診してみてはいかがでしょうか。